理想の肌に近づく〜Re:birth〜

menu

〜毎日が美LIFE〜

あなたの肌に足りないもの知ってますか?将来の肌の為に今、知ろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

  tio-channnel-beauty  

     ~毎日が美LIFE~

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

    『あなたの理想の肌に近づく』

   【肌を綺麗にするにはコツがある】

『勝手に美肌アドバイザー』
小田 峻史 (TakafumI Oda)
              Tio.

こんにちは!
 
本日は
 
【綺麗な肌の条件とは?】
 
というテーマで
お送りさせて頂きます。
 
皆さんは、テレビで芸能人などを見てて
あの人!綺麗!!!
なんて思うことがあると思います。
 
芸能人の方々、あなたの
お肌見られています(笑)
 
よく、ブラウン管のテレビから
液晶テレビに変わった時は、
 
肌がはっきりと見えるようになるから
『怖い』
などの声も聞こえてましたね。
 
綺麗な肌とは?
 
この「綺麗な肌」とか「うつくしい肌」
の概念ってなんぞや?
 
ということです。
 
美しい肌がどのようなものになるかは
人それぞれの考え方で変わってくると
思います。
 
考え方は皆、違っていいんですけどね。
 
世間一般ではどのような肌が
美しい肌、綺麗な肌と言われているのか
をまとめていきたいと思います。
 
①肌が柔らかい、弾力とハリがあり、
 触った時などにザラつきや抵抗が 
 無い肌。
 
②肌の表面がなめらかで、
 ツルツルしている。
 
③肌の血液循環が良く、血色がいい。
 
④肌の感覚機能が正常、皮脂の汗の分泌
  のバランスが良くしっとりとしている。
 
このような条件があります。
 
人それぞれ綺麗な肌の
概念は異なりますが、
こういった基準があるのです。
 
 
 
美肌の6つの鍵!
 
『う・な・は・だ・け・つ』
 
う・・・うるおい。
 
な・・・なめらか。
 
は・・・ハリがある。
 
だ・・・弾力がある。
 
け・・・血色がいい。
 
つ・・・艶がある。
 
 
『う・な・は・だ・け・つ』。。。
 
美容業界では。。。。。。
 
一般的に
『う・な・は・だ・け・つ』
 
これ覚えにくいですよね(笑)
 
ということで!
 
僕の
tio-channelでは^^
 
なんと!
 
『な・つ・う・け・は・だ』
 
 
『夏ウケ肌』
 
 
と覚えましょう^^
特許ですね!これはwww…
 
話は戻りまして
この6つの大事なキーワードになります。
 
綺麗な肌の鍵が6つもあれば
何個か何らかのトラブルで
開けない鍵もあることでしょう。
 
人の肌は皆、それぞれ違いますし
6つもあればその中に必ず、
それそれの『悩み』があります。
 
僕も何個か肌の悩みもありますし!
皆様、悩みもそれぞれだと思います。
 
これを毎日のスキンケアで通じて修繕して
整えていきましょう。
 
その中でも特に重点が置かれるのは、
 
■肌のうるおい
 
 肌の表面が乾燥してカサカサして粉が吹いてたらとても
 綺麗な肌とは言えないです。
 綺麗な肌はうるおいが必要なのです。
 
■肌のハリ
 肌にハリがあることは、
 肌の若さを判断する一つの基準。
 ハリが無くなるとたるみやシワが
 出来やすくなります。
 
この2点は、若々しく見られる重要な鍵です。
これからも僕のブログでは度々、
取り上げられます。
 
まずは、綺麗な肌を理解して
自分の肌に何が必要か?
を考えていきましょう。
 
足りないものが原因で
トラブルに繋がることもあります。
 
毎日のケアで肌は変わる!!!
あなたにあった正しいケアを
していきましょう。
 
本日は、『美肌の条件』
でお送り致しました。
 
by tio.
 
 
と油断したそこのあなた!
 
【本日の確認テスト】
 
美肌のキー 6つは
 
語呂
◯・◯・◯・◯・◯・◯。
 
ブログを見て頂いたそこの
『あなた』には
何か1つでも『肌』について
知識を吸収して頂ければと思います^^
 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アトピーや肌の弱い方を中心に
美容の知識、最新のおトクな情報を
お届け致します。

直接、肌についてのご質問や
ご相談なども受け付けておりますので!
何でもお気軽に!

お肌に優しさを届ける。

あなたの理想の肌に近づく!

tio.(TakafumI Oda)

公式LINE

友だち追加

《@マークもお忘れなく》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スキンケアランキングへ
tio-channel-beauty.

応援お願い致します^^

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。