間違ったビジネスの選び方してない?正しい選択をする魔法〜Part1〜

〜Business〜

〜ビジネスの選び方〜第1弾

Tiochannel.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【影響力の魔法】
魔法名:グッ!チョイス!
・ビジネスの選び方のPOINT!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、世の中にはたくさんのビジネスモデルがあります。

ビジネスをしていく上で

・何のビジネスをしても上手くいくマインドになる。

・自分自身の『人間力』を向上させる。

ことは常に重要なことです。

しかし、取り組むビジネスによっては、実際に収益化しやすいものとそうでないものが存在します。

どんなに真面目に取り組んでも結果が出ないなという場合、あなたは収益化する事の難しいビジネスに手を付けている場合もあります。

自分で情報を取りにいって見極める以外はないですが。

『どんなビジネスしたらいいのか?』

よく聞く質問内容ではありますが。

スキルや知識があって正しいやり方をしていたとしても自分が求める結果が手に入らないのでは意味がないですからね。

どのようなビジネスが最適なのかを、あなた自身で見直す必要があるのかもしれません。

本日は、『ビジネスを選ぶPoint』

その【第1弾】となります。

♢在庫を持たなくていいビジネス♢

私が、ビジネスを選ぶ際には、『在庫』を持たないといけないかどうかも基準の1つとして考えます。

なぜ、『在庫』というPointが1つの基準になるのかを説明したいと思います。

①ランニングコストが掛かる。

在庫がある事がなぜ、良くないのか?

まず、商売を始めるとなると何かしらの『物』を仕入れないといけません。

『ドン・キホーテ』に行った事をイメージして頂ければと思いますが、

お店に行けば、欲しいものをすぐに手に入れる事ができますよね。

これは、常にお店が『在庫』を確保してくれているから可能なのです。

『在庫』=『安心』という感じにも捉えれます。

確かにお店に行って

『お取り寄せしますので、入荷まで暫くお待ちください』

これを毎回、言われてたら大変なことです。

『在庫』が減ってきた商品に関しては、繰り返し仕入れないといけません。

仕入れるのにもランニングコストというものが必要になります。

『在庫』があるということはそれだけ費用が掛かるという事を意味しています。

自分がやるビジネスという考えでは、『ランニングコスト』は減らしたいものの1つなはずです。

②保管する場所が必要になる。

リサイクルショップなどを考えて貰えばイメージが湧くかと思います。

仕入れをするという事はそれ相応の保管スペースが必要です。

例えば、冷蔵庫を10個仕入れればそれが売れるまで保管する場所が必要になります。

オフィスや倉庫でも『在庫』を持つということはそういう事です。

必要な分を必要な時に仕入れるというのが1番最適なはずです。

ビジネスをするにおいては、なるべく固定費というものは少ない方がいいですからね。

倉庫を借りるにしてもお金は掛かりますし、毎月となると馬鹿にならない金額になるでしょう。

③必要の無いものまで仕入れをしないといけない

不特定多数の人が欲しいものを仕入れるとなるとある程度、『在庫』を残して置く必要があります。

しかし、仕入れたもの・『在庫』を持っていても全ての商品が売れるという保証はありません。

中には、永遠に売れなそうな商品を仕入れることもあるでしょう。

消費期限がある食料品などもそうです。

売れなかった場合は、廃棄処分しなければいけません。

『在庫』を持つということはこのようなリスクも取る事になります。

ビジネスを選ぶ際には、

『在庫の必要ないビジネス

というものを選んだ方がいいと思います。

ビジネスをするにはリスクは出来る限り小さい方がいいです。

♢ネットワークビジネスと在庫♢

最近、ネットワークビジネスの話をよく聞きますが、ネットワークビジネスにも実は『在庫』というものが存在します。

特にビジネス会員で登録するとなると、最初に10〜30万円くらい支払わないといけないビジネスモデルも存在します。

その金額を支払って登録しなければ、ビジネス会員として活動する事が出来ません。

登録するとあなたが必要としていない製品もあなたの手元にきます。

実際に使う分の製品だけだったらいいのですが、すぐに使いきれないほどの製品が一纏めで自宅に届きます。

これは、間違いなく『在庫』になります。

使わない製品を仕入れる必要があるでしょうか?

サプリやコスメ商品が無駄に家に陳列されていても何も意味が無いですからね。

もちろん安いものでも無いですし。

少し、考えてみるのもいいでしょうね。

ネットワークビジネスの会社側としては、まとめて購入させる事で『オール・ブランド・チェンジ』させて囲い込む必要があります。

オール・ブランド・チェンジとは、会員が普段、使っていた日用品などを自社ビジネスの製品に変えさせる事。

洗剤、歯磨き粉,、シャンプーなど

そのくらいファンになって製品や会社のネットワークビジネスが大好き!くらいにならないと成功する事は難しいビジネスだと私は思っていますが。

批判するわけではないですが、最初からたくさんの製品が送られてくるのは少し、違和感がありますよね。

また、ビジネスとして捉えて勧誘する場合も初期投資があるという事で他者が取っ付きにくいというイメージもあります。

初めてビジネスを始める方にとってはこのようなビジネスモデルはハードルが高いかも知れません。

試しに使ってみて良かったらビジネスするって金額でも無い気がしています。

最初に説明を受けて納得して本気で取り組める人にはいいビジネスと思います。

いづれにせよ、ビジネスを始める時は初期費用だったりランニングコストは抑えたい!というのが本音ですよね。

これは、あくまでも私の考え方ではありますが、在庫の必要なネットワークビジネスというものも考えものかもしれませんね。

♢まとめ♢

世の中には、様々なビジネスモデルがあります。

ビジネスを選ぶ考え方として『在庫のいらないビジネス』というものも一つの基準になると考えます。

ランニングコストや初期費用もそうですが、無駄な『在庫』を仕入れていても意味がありません。

なるべくリスクを減らしていく必要があります。

あなたも今やっているビジネス、これからビジネスを始められる方もこの『在庫』があるか無いかという所で判断してみてもいいのではないでしょうか。

ビジネスの選び方第1弾は

『在庫のいらないビジネス』

『リスクが最小のもの』

Tio .

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Tio-channel.
〜影響力の魔法〜 
現在、何位!?

 
 

起業・独立ランキング

 
↑ こちらをポチッとな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめの記事