間違ったビジネスの選び方してない?正しい選択をする魔法〜Part2〜

〜Business〜

〜ビジネスの選び方〜第2弾

Tiochannel.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【影響力の魔法】
魔法名:グッ!チョイス!
・ビジネスの選び方のPOINT!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、世の中にはたくさんのビジネスモデルがあります。

ビジネスをしていく上で

・何のビジネスをしても上手くいくマインドになる。

・自分自身の『人間力』を向上させる。

ことは常に重要なことです。

しかし、取り組むビジネスによっては、実際に収益化しやすいものとそうでないものが存在します。

どんなに真面目に取り組んでも結果が出ないなという場合、あなたは収益化する事の難しいビジネスに手を付けている場合もあります。

自分で情報を取りにいって見極める以外はないですが。

『どんなビジネスしたらいいのか?』

よく聞く質問内容ではありますが。

スキルや知識があって正しいやり方をしていたとしても自分が求める結果が手に入らないのでは意味がないですからね。

どのようなビジネスが最適なのかを、あなた自身で見直す必要があるのかもしれません。

本日は、『ビジネスを選ぶPoint』

その【第2弾】となります。

♢利益率の高いビジネス♢

あなたがビジネスを始める時に考えるものとしては、『利益率が高いもの』を選定した方がいいです。

世の中は、日々、目まぐるしいスピードで進化しております。

また、ビジネスも常に進化しています。

私達は、そういった進化に対応していかなければビジネスで成功し続ける事は難しいでしょうか。

ビジネスには結果や利益を出すことが必ず、求められます。

そしてビジネスは『利益率』というものがとても重要になってきます。

この『利益率』もビジネスを選択する1つの基準になります。

♢そもそも利益率とは?♢

最初に言ってしまうと、ビジネスは利益率が低いより、利益率が高い方というのは、間違い無いです。

では、そもそも利益率とは?

ビジネスをするには色々、手順がありますが、

『安く仕入れたものを高く売る』という考え方がまず、基本になります。

ビジネスの流れとしては

商品を仕入れる→製造・加工→販売だった場合で考えてみましょう。

例として、ジュエリーショップで指輪を販売したと過程します。

①原料として金属や宝石などを仕入れます。

②仕入れた金属や宝石を加工して指輪という製品にします。

③店舗にて素敵な指輪を販売。

という流れになると思います。

ここでいう店舗でお客様に販売したものが『売上』になります。

しかし、売上=利益という事ではありません。勘違いされている方もいるかも知れませんね!

利益は売上から販売までに掛かった材料費、諸経費などを引いたものになります。

ここで挙げられるのは、

仕入原価、配送料など様々な経費を差し引いたものになります。

つまり、

売上−(仕入原価+諸経費)=利益

となるわけです。

そして利益率とは?下記の計算方法になりますが、

利益率(%)=利益÷売上×100

これが、利益率というものになります。

他にも職人や販売員などの人件費、製造工場や店舗の費用というものも実際は掛かってきます。※これらの費用を差し引いた

ものは『営業利益』と呼ばれるものになります。

これらの費用を差し引いた時に『営業利益』が赤字で実際は『利益』が出ていなかったという事もあり得ます。

なので、経営者は利益や利益率という所をしっかりと考えていかなければなりません。

思っているよりも『利益率』は大事になります。

ビジネスは金銭的な利益をもたらさなければ、結果的に意味はないのです。※ビジネスはボランティアではありません。

なので、利益率の高いビジネスを選択する事は結果的に利益も大きくするのでとても重要になります。

・余談になりますが、、、、、

メディアなどで年商2億円の経営者などという記事を目にしたことはないでしょうか。

年商とは、『会社全体の1年間の総売上高』の事になります。

なので、原価や利益率や人件費などの費用なども引いていない額であくまで売上高になります。

利益や営業利益などで考えるとそこまで大きい利益が出ていないという場合もあります。

利益と売上高の勘違いがあるかも知れませんね。

♢経費は安いほどいい♢

当たり前ですが、

売上−(仕入原価+諸経費)=利益 なので

経費がかかればかかるほど、利益は減っていきます。

原料もそうですし、運賃や送料なども社会や経済の情勢によっては相場が変わってくるものもあります。

経費を出来るだけ抑える事が、ビジネス成功の秘訣であり、経費は掛からなければ掛からないほどいいという事です。

コストカットすることはとても大切。

♢コストパフォーマンス性に優れているもの♢

コストパフォーマンスってよく聞く言葉かと思います。

そう、『コスパ、コスパ』というやつです。

『コストパフォーマンスが高い』※商品の価格に対して性能や効果の期待が上回っていること

値段の割に、○○○が優れているね!などですね。

値段の割に量が多いとか、安い割に効果が出やすい!などです。

何かの基準より値段安かったり、効能・効果が優れていれば『コスパが高い』と判断されるでしょう。

こういう商品・製品を扱った方が利益に直結しやすいです。

コストパフォーマンスを高くするには、

何かの基準よりコストを下げるか、効能を高めるかのいづれかでしょう。

いづれにせよ、『コストパフォーマンス性に優れているもの』はいつでも社会に求められる傾向があります。

♢まとめ♢

ビジネスや経営や営業をする時は、『利益率』をしっかり考えなければいけません。

ビジネスはボランティアではなく、金銭的な利益・結果が求められます。

やったはいいものの赤字で終わっていたら意味はないですよね。

『利益』『利益率』を意識すれば、必然と経費を安くすることが求められるでしょう。

ここは、企業努力になると思いますが、経費は安ければ安いほどいい。

また、製品として扱うものは『コストパフォーマンス性の高いもの』が消費者や顧客のニーズを満たすことができます。

いつの時代も『コストパフォーマンスが優れているもの』は私たちの心を知らず知らず掴んでいるように思います。

ビジネスを今、始めようとしている方・今のビジネスのままでいいのか悩んでいる方は、ビジネスの『利益率』にフォーカスしてみてはいかがでしょうか。
Tio.

 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Tio-channel.
〜影響力の魔法〜 
現在、何位!?

 
 

 起業・独立ランキング

 
↑ こちらをポチッとな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
おすすめの記事