購入したい欲求の真実!購入意欲を掻き立てる『快楽』と『痛み』の魔法!!

〜Business〜

Tiochannel.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【影響力の魔法】
・人はどのような時にものを
 購入したくなるのか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間はどういう時に物やサービスを購入したくなるのか。

ビジネスをやっていく上でここの理解は重要になります。

ビジネスは、必ず、『買い手』と『売り手』が存在します。

ここがなければ、ビジネスは成立しません。

買い手と売り手が双方揃って売買をすることができます。

そして、重要なのは、買い手側の気持ちという事になります。

買い手側はどういう時に物を買いたいという気持ちになるのでしょうか?

今回は、『購買意欲』に関して記事にしていきます。

♢お金を使う時はどんな時?♢

世の中には様々な物が溢れています。

私たちは、その中から必要なものを購入して生きています。

喉が乾けば、飲み物を買うし、お腹が空けば食べ物を買ったり、レストランに入ったりします。

これらは生きていく中で必要なものになるのですが、必ずしも必要のないものにもお金を使います。

趣味や娯楽・嗜好品もたくさんあり、実際にお金を使わなくても生きていける物やサービスにもお金を使っています。

人がお金を使う時の欲求や心理はどのようなものなのでしょうか?

♢購入する時の4つの欲求♢

私たちは、様々な所で買い物をしますよね。

その時に生きていくために必ず、必要なものもあれば、必ず必要とは言えないものもあります。

生きて行くために、必要なもの意外にも人が物を購入する事があります。

どのようなものがあるのか?

①便利さや快適さを求める欲求

これは、誰しも求めていることではないでしょうか。

人は誰でも少しでも『楽をしたい』という気持ちから便利さや快適さを求めます。

そして、企業側も便利なものを次々と開発して、世に送り出しているのも事実です。

原始時代では、考えられないほど今の時代は便利な時代です。

タイムスリップして原始人が来たら驚きの表情を隠せないはずです。

人は常に便利さや快適さを求めるためにお金を使います。

②周囲から良く見られたいという欲求

人には、誰かに認められたいなどといった承認欲求もあります。

そうすると、自分自信の身なりや見栄えというものを意識すると思います。

これは、お洒落などが当てはまります。

良いスーツや良い靴などはパッと見でこれは、良い物だと分かったりしますよね。

自分の印象を良くしたいとか、そのような理由でお金を使う事もあります。

③コレクターの欲求

これは、人によりますが、自分の趣味にお金を使う人に多い欲求ではないでしょうか。

全ての人に当てはまるわけではありません。

たとえば、好きなアイドル・好きなキャラクター。

これらに関連するものを収集したくなる欲求になります。

CDを実際に聴く用とコレクション用に飾るために複数枚購入する人もいるそうです。

人間には、収集しようという欲求もあるようです。

ファン化されやすい人はこういった収集する傾向があるのかもしれません。

④安心する為の欲求

これは、今では無くて、将来の事に対してお金を使う事が多いです。

自分や家族が安心する為にお金を使う欲求になります。

ことわざで言えば、

備えあれば憂いなし

です。

たとえば、

災害に備えて、保管用の食料や防災グッズを購入することなども安心することに繋がっていますし、

予防接種や検査などもそのように考える事もできます。

また、将来に備えて生命保険に入ったり、不動産の購入なども安心の欲求の分類に入ります。

人は何か起こった時に少しでも安心出来るようにお金を使うということです。

人は、将来的に安心出来るようにお金を使うという事です。

♢購買意欲を掻き立てる心理とは♢

先程もお話しましたが、

あなたが何かを買う時は、自分にとってその商品が必要なものだからです。

必要でないものは正直、買わなくても何も問題がありません。

人が物を購入する時は

①必ず必要なもの

②便利なもの

③快楽が得られる。

④安心出来る。

の4つに分類してみました。

必ず必要なものは、誰に言われなくても必ず、購入すると思います。

『便利なもの』『快楽が得られる』と『安心出来る』には心理学でいう『快楽と痛みの原則』が大きく関わってくると考えています。

※『快楽と痛みの原則』とは?

人間は常に「快楽」を求め、「痛み」を避けようとする

という心理の事です。

『快楽』と『痛み』を見せることで、必ず、必要でないものにも興味を持ってもらう事はできます。

『快楽』と『痛み』で見せる『きっかけ』のようなものです。

『快楽』と『痛み』とビジネスの関係♢

成功者と呼ばれる人はこの心理を理解して理論立てる人が多いと感じます。

人の行動は、『快楽』と『痛み』を見せる事で変わってくると言われています。

これは、購入したいという気持ちに対しても同じです。

購入した後に得られるであろう『快楽』、購入しなかった時に訪れる『痛み』を私達は潜在的にイメージしているのだと思います。

ですので、商品やサービスを購入して貰うために、『快楽』と『痛み』をイメージさせることもとても重要になります。

あなたも『快楽』と『痛み』といった心理を意識して、話を進めていけば、人の心を動かす事が出来るはずです。

このような人の心理に投げかけていく事で、人が欲しいという気持ちになることもあります。

しっかりと理解をして購入してもらえる『きかっけ』になる事がビジネスになります。

♢まとめ♢

私達が何か物を購入するときは様々な欲求や心理が関わってきます。

ビジネスをして行く上で、人がどのような時に商品やサービスを購入したいのか?欲しくなるのか?という事を理解しておく事は大切です。

特に、営業をされている方であれば、心理や欲求といったものに投げかけて『心を動かす』という技術が必要になります。

心理として、『快楽と痛み』があり、これらは人の行動を大きく左右します。

ビジネスや営業をしていくのであれば、快楽と痛みをイメージさせる技術というものは必ず、必要です。

心理をしっかりと理解して『心を動かせる』人になっていきましょう。

Tio.

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Tio-channel.
〜影響力の魔法〜 
現在、何位!?

 
 

起業・独立ランキング

 
↑ こちらをポチッとな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめの記事