あなたは叱ってもいい人?ダメな人?嫌われてしまうかもしれない8つの禁断呪文!

〜Business〜

〜魔法のつぶやき〜

Tiochannel.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【影響力の魔法】
8つの禁断の呪文
・叱っていい人・叱ってはいけない人
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたは誰かに叱られた事はありますか?
または、
誰かを叱った事はありますか?
何か業務上でミスなどをした時に、人に叱られたり、人を叱らないといけない場合もあるはずです。
自分の子供が良くない事をした時などもそうです。
それは、本当にその人を思い良くしてあげたいから叱ります。
正しい叱り方を理解していないとあなた自身のイメージも悪くなります。
今回は、『人を叱っていい人・悪い人』というテーマでお話していきます。

♢人を叱ってはいけない人とは?♢

世の中には、人を叱ってはいけない人が存在します。
会社や組織に属しているとよく分からないけど怒られたり、怒鳴られたとか経験した事はありませんか?
その時に、あなたも感じたことがあるのではないでしょうか。
世の中には叱るのが上手い人と最強に下手な人がいる事を。
人を叱ってはいけない人をまとめていきます。

①怒ると叱るの違いを理解していない。

『怒る』と『叱る』は根本的に違います。
『怒る』は、怒る人が自分の気分や感情をそのままぶつける。
『叱る』は、相手の気持ちも加味して、相手が正しい方向、良くなる方向に導く事を意味します。
意味が全く、違います。
これを理解していない人は『叱る』事は難しいでしょう。

②自分の価値観ばかりを押し付けてくる。

『叱る』時に自分の価値観ばかりを押し付けてはいけません。
相手の考えや意見も聞き寄り添う必要があります。
相手を理解できる人が人を『叱る』事が出来ます。

③頭ごなしに怒る。

頭ごなしに怒る人は、自分のストレスなどによって感情に左右されて怒る人になります。
感情に左右されているので冷静な頭ではありません。
自分の感情で相手に怒りをぶつけてはいけません。
また、責任転嫁や人のせいにする人や自分の思い通りにならないといった場合など、自分を守る為に頭ごなしに怒る人もいます。
そもそも怒るという事は、良くありません。
相手のためになって『叱って』あげるという事が大切です。

④人前で叱る。

これは絶対にやってはいけない事です。
大勢の人の前で人を『叱る』事は、辞めましょう。
※大勢の前で『怒る』は絶対駄目です。
この行為は、簡単に言って誰が得するの?という一言です。
叱られている側にも誰しも少なからずプライドがあります。
人前で叱られて自分のイメージやプライドを傷つけられる事は誰しも嫌います。
叱る側もマイナスになります。自分自身の『質』を下げる行動と言えます。
『こういう叱り方しか出来ない人』というイメージが定着してしまいますし、周囲もこのような人に付いていきたいとは思わないはずです。
こういう怒り方をする人は、可愛そうですが、自分で気づいていません。
周りの人に対する影響も良くないです。
基本的に自分に直接、言われた事でなくても人には多少なりと影響してしまいます。
人間の『脳』は非常にデリケートです。
満員電車の中でたまに怒鳴ったりしている人がいますが、気分良くないですよね?自分に直接関わっていなくても嫌な気持ちになりませんか?
これと同じですね。
人前で叱る事を一言で言えば、
『百害あって一利なし』
という事です。
タバコのような存在です。
誰もいい思いはしないので、やめましょう。

⑤アフターフォローが無い。

『叱る』という事は、叱った相手を悪くしようとして叱っているわけではありません。
叱られる側は、その事を分かっていても多少なりとも傷つきます。
その時に、しっかりとアフターフォロー出来る人『叱る』権利のある人だと思います。
ここが、出来る人は相手を思いやる事ができ人望も厚いでしょう。

⑥人の考えや意見を聞かない。

頭ごなしに叱られるに付随するかもしれませんね。
叱られる側にも自分の考えや意見が必ず、あります。
それらに耳を傾けてあげる事も大切です。

⑦自分にも責任があったと認めない。

『叱る』という環境にあるという事は、自分のエリア内であるということと捉えることもできます。
自分の関わっている環境の範囲内だから叱るんですよね。
そう考えると果たして『叱られる側』だけが悪いのでしょうか?ということです。
例えば、
頼んだ仕事をした人が失敗して『叱る』場合などです。
少なからず、その人に頼んだ事などにも責任は多少はあり、全て『叱られる側』だけ悪いと思わないことも大事です。
どこか自分にも落ち度があったのではないかと思える事も『人を叱る』という場合には大切な事になります。
人を『叱る』際は、自分にもベクトルを向けてみてください。

⑧言葉を選べない人

政治家やコメンテーターと呼ばれる人たちでさえ、言葉を間違えてしまうこともあります。
しっかり、考えて話していても、何気ない一言が失言になったりします。
言葉は凶器にもなると言われますが。
不意の一言で人を簡単に傷付けてしまうこともあります。
正直、人対人なので正直、難しいことのなのかもしれません。
また、怒っている時は、特に自分の感情に左右されてしまうので、言葉を選べないと思います。
人を『叱る』という時は、冷静になり言葉を選べることも大切でしょう。

⑨叱った内容をネタにする。

これは、結構多いです。
相手を良くしようとして『叱る』という事をしたにも関わらず、人前でネタにする人がいたりします。
このような人は、人格を疑いますよね。
人前で『叱る』ことと変わらない気もします。
会社員だと特に飲み会の時など多いのではないでしょうか。
自分がやられたら嫌な事は、やってはいけませんよね。
①〜⑧
このような人は人を叱ってはいけません。
人を叱ってはいけない人というのは、基本的に人から嫌われる『叱り方』や『行動』をしています。
今一度、あなたは人を叱っていい人なのか、自分を見つめ直して頂ければ幸いです。

♢人を叱っていい人は結局どんな人?♢

人を叱ってはダメな人と真逆な人になります。
人を『叱って』いい人は、相手の気持ちを理解出来る人になります。
自分自身の感情に捉われず、相手を良くしたいと思って叱れることが重要です。
『叱ってはいけない人』は、『人間力』が乏しい人。
『叱ってもいい人』は『人間力』がある人。
例えば、
人前で『叱る』という事は、普通に考えたら良くないという理解が大多数だと思うのですが、実際に、理解出来ていない人もいて人前で叱ったり、怒鳴ったりする人がいるのも事実です。
これは、『人間力』の問題でもあります。
『人間力』がある人が自分のイメージを悪くする事をわざわざ、するはずがありません。
つまり、『人間力』がある人でないと『人を叱る事』は出来ないです。
人を『叱る』ことの出来る人間性を身につけましょう。

♢まとめ♢

『人を叱ってもいい人』『人を叱ってはいけない人』が存在します。
『人を叱ってもいい人』というのは、相手の気持ちを理解出来る人。
そして、相手を良くしたいと思い叱れる人になります。
ただただ、自分の感情のまま怒るという事は、合理的ではありません。
誰のために『叱る』のか、相手を気持ちや考えを理解してあげる事も大切なのです。
基本的に『人を叱ってはいけない人』というのは、人から嫌われてしまう行動パターンを意識せずにしている事が多いと思います。
ここには、『人間力』が大きく関わっています。
あなたが人を『叱れる人』になるには、『人間力』の向上をしていくことが必要になります。
Tio.
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Tio-channel.
〜影響力の魔法〜 
現在、何位!?

 
 

起業・独立ランキング

 
↑ こちらをポチッとな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめの記事